【現場から、】西日本豪雨災害

2018年8月13日(月)

岡山・倉敷市真備町、ボランティア休止し静かなお盆

町のおよそ3割が水に浸かった岡山県倉敷市真備町でも、被災した人たちが墓参りに訪れています。

この寺にあるおよそ300基の墓は、豪雨で水没しました。今月初め、ボランティアが泥などを取り除き、きれいな状態で盆を迎えることができました。訪れた人は墓の掃除をしたあと、線香などを供え、先祖の霊に静かに手を合わせていました。

「復旧が早くできれば、ということをお願いした」(被災した人)
「出て行く人もいるので、できれば一人でも残ってほしい」(被災した人)

倉敷市は今月15日までボランティアの当日の受け付けを休止していて、静かな盆を迎えています。(8月13日11:35)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network