【現場から、】西日本豪雨災害

2018年8月8日(水)

倉敷市、トレーラーハウス型の仮設住宅を設置

700人余りが避難所で生活する岡山県倉敷市真備町のために、隣りの倉敷市船穂町にトレーラーハウス型の仮設住宅の設置が始まりました。

ベッドや台所などがあり、1戸の広さはおよそ27平方メートルです。およそ6500平方メートルの土地に50戸が設けられる予定ですが、入居希望は19件にとどまっています。

市は、今週末に見学会を予定しています。(8月8日11:40)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network