【現場から、】西日本豪雨災害

2018年8月6日(月)

愛媛・大洲市では子どもの遊び場も奪う

愛媛県大洲市の公園は災害ごみの仮置き場となっていて、プールも営業中止となりました。豪雨災害は子どもの遊び場までも奪っています。

大洲市は、肱川の氾濫などで4人が亡くなりました。市内はいまだ営業再開の見通しが立たない店舗が目立つほか、公園は使用が禁止され、住民からは「憩いの場がない」という声も聞かれます。

「ずっと家にいさせるわけには・・・ストレスもたまってしまうし」(1歳児の母親)

こうした中、被災を免れた児童館には、一時、例年の5倍の親子が訪れ、混雑したといいます。

「(子どもたちが)はしゃぎ過ぎたり、抑えられない気持ちの高ぶりも見られた」(「喜多児童館」梅原操館長)

愛媛県全体では26人が死亡し、およそ340人が避難所での生活を余儀なくされています。イベントの自粛ムードも広がる中、憩いの場を取り戻すことも住民の切実な願いです。(8月6日17:58)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network