【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月29日(日)

愛媛・大洲市の肱川、今のところ氾濫のおそれなし

愛媛県内では西日本豪雨の被災地にも発達した雨雲がかかり、29日午後、大洲市と宇和島市では1時間に30ミリ以上の激しい雨を観測しました。

豪雨で土砂崩れが相次いだ宇和島市吉田町では水路があふれ、ポンプで排水するなどの対応に追われました。

愛媛県大洲市の肱川は、豪雨の際、上流のダムが緊急放流を行った後、氾濫し、犠牲者も出ました。今回の台風でもダムの放流は行われましたが、今のところ、川が氾濫するおそれはないということです。しかし、大洲市役所は防災無線で注意を呼びかけています。(7月29日17:32)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network