【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月23日(月)

愛媛・大洲市の肱川で不明者の大規模捜索

愛媛県内では依然2人が行方不明となっていて、大洲市の肱川では朝から警察と消防による大規模な捜索が行われています。

一時は大規模氾濫した大洲市の肱川ですが、水位が下がり、水の透明度も確保できたとして、警察や消防が初めて水中での捜索に踏み切りました。

西日本豪雨の発生から2週間以上が経ちますが、愛媛県内では今も大洲市と鬼北町であわせて2人が行方不明となっています。大洲市では今月8日、「菅田町で人のようなものが流されている」という通報が寄せられ、警察が陸からの捜索を続けてきましたが、発見には至っていません。

警察などは23日、初めてボートを使った水中での捜索に踏み切り、およそ50人態勢で捜索を進めています。(7月23日11:34)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network