【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月22日(日)

愛媛・西予市で公営住宅の抽選会

猛暑が続く中、西日本豪雨の被災地ではいまも懸命の救出、復旧活動が続いています。愛媛県の西予市では、被災者に無償で提供する公営住宅の抽選会が行われました。

西予市野村町では川の氾濫で600棟以上に浸水被害が出ていて、市は被災した住民を対象に半年間無償で提供する市営住宅を用意しています。

22日の抽選会には、用意された14部屋に対し希望者13人が集まり、部屋を選ぶ順番を決めました。

「なるべく早く皆さんが入れるように努力したい」(西予市野村支所・辻信一産業建設課長)

市はこのほか、今週中にも仮設住宅の建設を始める予定です。(7月22日16:39)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network