【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月19日(木)

断水続く愛媛・宇和島市に無料の洗濯施設

西日本豪雨から2週間。深刻なのは水の問題です。断水が続く愛媛県宇和島市では無料の洗濯施設が設置され、被災者が列を作りました。

宇和島市の被災者用洗濯施設には20台の洗濯機が設置されているのですが、すでに多くの人が集まり、順番を待っています。

「うれしい。洗濯機は、もう助かる」(利用者)
「風呂も洗濯も困っているから。コインランドリー1回と、きょう、ここの無料を聞いて、2回目」(利用者)

利用者は断水が続く吉田町などから車で来ていましたが、土砂崩れで損壊した吉田浄水場の代替施設の整備も始まりました。

東京都から2020年のオリンピックで利用される浄水装置を借りるなどして、来月下旬の送水開始を目指しています。(7月19日23:49)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network