【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月14日(土)

猛暑の中、広島県内で大勢がボランティア活動

豪雨に襲われた広島の被災地では、猛暑の中、各地で大勢のボランティアが汗を流しました。犠牲者が出た熊野町でも、ボランティアと住民が家に流れ込んだ土砂を撤去したり、家具を運び出したりしていました。

「気分が悪くなられた方もいらっしゃるので、手伝っていただくのはありがたいけど、それが心配で」(支援を受けた被災者)

広島県内は、広い範囲で断水が続いていて、解除された地域でもまだ水が出にくく、こちらの理髪店は知り合いから水をもらって営業しています。

水が通った地域では・・・。

「断水していたときは水が全然使えないので、麺類の提供が難しかった。特に冷麺は、ゆでてさらに洗う工程があるので、貴重な水を無駄にはできない」(店の従業員)

大きな土砂崩れがあった志和トンネル東側ですが、きれいに土砂が撤去されています。午前6時に、山陽自動車道の広島市と広島空港を結ぶ区間で通行止めが解除され、県内の山陽自動車道は全線で復旧しました。

「ほっとしたけど、被災者の方を思うと喜んでばかりもいられない」(空港行きリムジンバス利用者)

一方で、JR線の運転見合わせが広い範囲で続くなど交通インフラの復旧は不十分なままです。(7月14日17:22)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network