【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月14日(土)

広島市安芸区で救助犬を投入、懸命な捜索続く

広島市安芸区の矢野地区では8人の方が犠牲となっています。そして現在も高校生が1人見つかっていないということで、捜索活動が行われています。

14日の朝、救助犬が3頭投入され反応を示したということで、重機、そして人力によっての捜索活動が行われています。そして、こちら手元の温度計で現在気温が37度となっています。厳しい暑さの中、懸命な捜索が続きます。

多数の死者・行方不明者が出ている坂町でも、多くのボランティアが汗を流しています。

「僕も実家が熊本なので、そのときにいろいろお世話になったんで、なので少しでも大変な人たちのために頑張ろうかなと思って、きょう来ました」(熊本からのボランティア)

県内の大学野球部からも100人が駆けつけています。(7月14日11:48)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network