【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月10日(火)

愛媛・西予市の避難所、深刻な水不足

愛媛県西予市では、肱川の氾濫で流され溝に突っ込んだ車がそのままになっているなど、被害の爪痕が生々しく残っています。

水害に苦しめられた住民たちが今求めているのは、皮肉にも水です。
「お風呂なんか入っていない。水を洗面器に入れて、タオルで体を拭くくらい。飲み水がやっと・・・」(住民)

避難所では、トイレで用を足す前にバケツにくんだ水をタンクに入れたり、食事は水を使わないもので済ませたりしています。

西予市は自衛隊に入浴サービスを要請していますが、まだ具体的なことは決まっておらず、住民たちは不自由な生活を強いられています。(7月10日23:25)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network