【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月10日(火)

広島県の交通の大動脈が寸断、精神的な孤立も負担に

広島県府中町の榎川が氾濫しました。午後11時半現在、あまり水位下がっていませんが、土砂がたまっているからです。夜を徹して土砂をさらう作業が行われています。こういった二次災害の危険性と隣り合わせになりながら各地で救助作業が行われている、これが現状です。

一方で、広島県の交通の大動脈が寸断しました。物流、人の流れが混乱しています。道が寸断されたことによって、完全に町全体が孤立してしまった状態、そういった場所がいくつもあります。取材に行きましたが、船でしか行くことができません。

話を聞くと、食料、水がない、そういった物理的な孤立だけではなくて、取り残された皆さんの不安、精神的な孤立が負担になっているなと感じました。(7月10日23:24)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network