【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月10日(火)

愛媛・宇和島市で土砂崩れ、小学生らも犠牲に

土砂崩れで家族3人が亡くなった愛媛県宇和島市吉田町では、土砂に巻き込まれた住宅の家具などが、今もその中に埋まったままとなっています。亡くなったのは、横田海翔くん(9)と母親の真美さん、そして、祖母の数枝さんです。

同級生が海翔くんと最後に会ったのは、土砂崩れが起きる2日前でした。
「優しくて元気のいい子」(海翔くんの同級生)

また、松山市の離島・怒和島でも小学生が犠牲になりました。亡くなったのは、6歳の井上結衣さんと姉で9歳の陽葵さん、母親の麻衣子さんで、島は6人しかいない小学生のうち2人を失いました。

「島の宝がなくなって困っている」(住民)

被災地は未来の希望である子どもたちまでも失い、今、大きな衝撃を受けています。(7月10日17:58)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network