【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月10日(火)

岡山・真備町の4分の1に水、当時の様子を撮影

岡山県倉敷市真備町には堤防が決壊した小田川の支流にかかる橋がありますが、陥没して通ることができません。今でこそかなり引きましたが、水は当時、町の4分の1を覆いました。

タクシー会社の屋上に避難していた従業員が当時の様子を撮影していました。

停車しているタクシーは屋根しか見えません。観光バスも被害に遭いました。そして、タクシーが1台、2台と、茶色く濁った水に流されていきます。撮影した男性によりますと、水の流れはかなりの速さだったそうです。岡山県内の死者は50人に及んでいます。(7月10日17:56)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network