【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月9日(月)

広島・三原市で自衛隊の給水支援始まる

川の氾濫で水道施設が被害を受けたことなどで、ほぼ全域で断水している広島県三原市で、自衛隊による給水支援が始まりました。

今回の大雨で三原市の沼田川が氾濫し、水道施設が被害を受けた影響で、三原市と尾道市では、ほぼ全ての地域で断水しています。

三原市では、8日から市内の3か所で給水が行われていますが、9日からは新たに自衛隊による給水支援が2か所で始まりました。

「汗をいっぱいかくので、タオルがない」(住民)

10日からは自衛隊に加えて、山口県の4つの市が給水支援に加わります。三原市によりますと、水道の復旧の見通しは立っていないということです。(7月9日23:03)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network