【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月9日(月)

岡山・真備町のまび記念病院、電気復旧まで2~3か月

岡山県倉敷市真備町のまび記念病院では、水が引いた駐車場にぬかるんだ泥が一面に広がっています。そして、病院の玄関付近には、中から流れ出したのでしょうか、椅子や資料、薬なども散乱しています。

8日、この辺りは水面が建物の2階に迫るほど浸水していました。病院には300人が取り残され、ヘリコプターやボートで救出されました。入り口には、大きなガラス製の自動ドアが外れ、倒れています。非常に危険な状態です。

中に入ってみますと、泥の臭いが鼻をつきます。入ってすぐの広いスペースは本来は病院の待合いスペースで、80席ほど患者さん用の椅子があったということですが、流されてしまったのでしょうか、ほとんど見ることができません。そして、奥に入ると、水位の高さがよくわかります。

吹き抜けになっているのですが、2階に迫る高さまで水のあとが残っています。測りますと、3メートル30センチほどあったということです。病院の関係者によりますと、電気が復旧するまでは2~3か月、まだまだ道のりは長そうです。

水はかなり引いてきましたが、それに連れて、辛い現実も明らかになってきています。

被災者の方と見られる方のご遺体を乗せた車両が、集落から出ていきます。

「独居で一人で住んでいますので、大雨の晩に電話で話をした。ひょっとしたら逃げて、どこかで助かっていたらいいなと思いながら」(母を亡くした男性)

取材によりますと、岡山県内では死者17人、行方不明者は28人となっています。(7月9日11:34)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network