【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月7日(土)

福岡と佐賀の雨は小康状態に

6日、大規模な土砂崩れが発生した北九州市門司区では民家に60代の夫婦が取り残されているとみられ、自衛隊による救出活動が続いています。雨は小康状態となった福岡・佐賀ですが、各地で不明者の捜索が続いています。

7日正午ごろ、福岡県筑紫野市では、水路から女性の遺体が見つかりました。警察が濁流に流されて行方がわからなくなっていた60代の女性との関連を調べています。

JNNの取材によりますと、6日からの豪雨で、福岡県内の死者は2人、行方不明者は佐賀と合わせて4人となっています。

土砂災害の現場では、昼過ぎまでは自衛隊員がスコップで土砂をかき出していましたが、ショベルカーが土砂、さらには大きな木を撤去するように変わってきています。救命活動が確実に前進しています。(7月7日17:37)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network