【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月7日(土)

岡山で小田川の堤防決壊、住民は2階に避難

小田川の堤防が決壊した岡山県倉敷市真備町です。堤防の決壊は100メートル近くにわたり、この辺りでは、午前0時半ごろから川の水が住宅街に流れ込みました。

岡山県に出ていた大雨特別警報は午後3時過ぎに解除され、倉敷市真備町付近の雨脚も弱まってきましたが、水位はなかなか下がらず、住宅の1階部分が水に浸かっている状況は依然として変わりありません。

今も建物の2階に避難している人の姿が確認できます。この地域だけでも、取り残されている人が数十人いるのではないかとみられていて、警察と消防が朝からボートを出して救助にあたっていますが、全ての人を助けるには、まだ時間がかかりそうです。空から助けようと、ヘリコプターも到着しました。

助けられた家族に話を聞くことができましたが、「生きた心地がしなかった」と本当にホッとした様子でした。

JNNのまとめによりますと、岡山県ではこれまでに1人が死亡、7人が行方不明となっています。これから暗くなってきますが、懸命の救助活動が続けられています。(7月7日17:36)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network