【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月7日(土)

岐阜県にも大雨特別警報

各地で降り続く豪雨の被害が広がっています。気象庁は午後新たに岐阜県にも大雨特別警報を出し、厳重な警戒を呼びかけています。

「中国地方、近畿地方に加えて岐阜県に大雨特別警報を発表しました。これまでに経験したことがないような大雨となっています。重大な危険が差し迫った異常事態です」(気象庁予報部・梶原靖司予報課長)

気象庁は、岡山県、兵庫県、京都府に加え午後0時50分に岐阜県にも大雨特別警報を出しました。今後の見通しとして「これ以上、新たに大雨特別警報を出す可能性は小さい」ものの、8日にかけて大気が不安定な状態は続き、局所的に猛烈な雨が降る可能性はあるということです。

JNNのまとめでは、今回の豪雨による被害は西日本を中心に18の府県に広がっていて午後2時現在、死者11人、行方不明72人となっています。(7月7日14:45)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network