【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月7日(土)

福岡・北九州市で60代夫婦の救出活動続く

6日、大規模な土砂崩れが発生した北九州市門司区では、全壊した民家の1階部分に取り残されたとみられる60代の夫婦の救出活動が続いています。

一方、福岡県筑前町の研修施設では道路が寸断され、小学生を含む120人あまりが一時、孤立状態となりました。

「(未明に)自衛隊が道を開通して、ようやく上まで行けました」(地元の消防団)

未明になって土砂の撤去が完了し、児童らは無事、救出されました。このほか福岡県筑紫野市では60代の女性が濁流に流されて安否不明、佐賀県伊万里市でも障害者施設の男性利用者が増水した川の近くで行方不明となっています。(7月7日11:49)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network