【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月7日(土)

岡山県西部の小田川で堤防が決壊

岡山県西部を流れる高梁川水系の小田川は、倉敷市の真備町付近で午前0時半ごろから川の水があふれ、住宅街に流れ込みました。

明るくなってからはさらに1~2メートル水位が上がっているように感じられます。建物の2階に避難している人の姿が確認できます。

警察や消防がボートを出して取り残された人の救助にあたっていますが、取り残された人がこの地域だけでも数十人はいるのではないかということです。

助けられた家族に話を聞くことができました。「生きた心地がしなかった」と、本当にホッとした様子でした。

国土交通省によりますと、小田川ではおよそ100メートルにわたり堤防が決壊したことがわかっているということです。岡山県によりますと、土砂崩れなどに巻き込まれた、少なくとも2人の安否がわかっていません。(7月7日11:47)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network