【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月7日(土)

広島県内の広範囲で川が氾濫

6日、気象庁が1府7県に大雨特別警報を発表し、警戒を呼びかけていた豪雨の被害が拡大しています。九州と広島の特別警報は解除されましたが、猛烈な雨は8気象庁、西日本と東日本の広範囲に警戒呼びかけ日まで続くおそれがあり、今後も厳重な警戒が必要です。

広島市安芸区中野東では、広島県の東西を結ぶ幹線道路・国道2号が隣を流れる川の氾濫によって大きくえぐられています。JRも高速道路も止まり、住民は交通手段の面でも大きな影響を受けています。

活発な雨雲が通過した広島県内では6日夜、1時間に60ミリ前後の非常に激しい雨が降り、広い範囲で川の氾濫や土石流が発生。「土砂が住宅に流れ込んで生き埋めになっている」や、「車が川に流された」などといった通報が相次ぎました。

県内各地で警察と消防などが行方がわからない住民の捜索にあたっていて、これまでに6人の死亡が確認され、1人が心肺停止、38人の行方がわからなくなっています。

広島県に出されていた大雨特別警報は、午前11時前に解除されました。しかし、各地で道路が寸断され救助隊がたどり着けていない場所もあることから、被害の全容はいまだ明らかになっておらず、今後拡大する可能性もあります。(7月7日11:46)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network