【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月7日(土)

岡山県の小田川、倉敷市真備町付近で氾濫

広い範囲に大雨特別警報が出されている岡山県では、午前0時半ごろ、西部を流れる高梁川水系の小田川が倉敷市真備町付近で氾濫しました。

堤防を越えた水は住宅地に流れ込み、多くの住宅の1階部分が水に浸かりました。明るくなって周辺の状況がわかるようになり、消防などが、ボートを使って取り残されている人の救助に向かっています。

近くでは、女性1人が水にのまれ、一時、行方がわからなくなりましたが、その後、救助されました。また、隣の総社市では、6日午後11時ごろ、国道の規制にあたっていた警備員3人が流されたという情報があるほか、各地で浸水が発生しています。(7月7日6:17)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network