【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月7日(土)

広島県内で土砂崩れ、捜索活動続く

活発な前線の影響で記録的な大雨となった西日本では、各地で被害が広がっています。広島県内では、土砂崩れに巻き込まれた住民の捜索活動が続いています。

広島市安佐北区では、6日午後7時前に「土砂崩れに住宅が巻き込まれた」という通報がありました。警察や消防によりますと、地鳴りがするということで捜索は中断しています。

活発な雨雲が通過した広島県では6日夜、1時間に60ミリ前後の非常に激しい雨が降りました。「土砂が住宅に流れ込んで生き埋めになっている」「人の乗った車が川に流された」などといった通報が相次ぎました。警察や消防は「広島県内では多数の安否不明者がいる」としています。

ただ、道路も各地で寸断され、夜間も雨が降り続いたこともあって被害の全容は明らかになっていません。(7月7日6:16)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network