【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月6日(金)

京都・桂川下流でも氾濫危険水位に達する

西日本各地で大雨による被害が広がっています。

1時間ほど前に、桂川の下流でも氾濫危険水位に達したということで、上流、下流ともに水位が上がっている状況です。また、奥に見える橋の上流のそばに建っている旅館を訪れますと、玄関先の階段の下まで川の水が堤防からあふれ出ている状況で、土のうを積む作業に追われていました。

嵐山周辺の土産物店などは、ほとんどの店が臨時休業で、営業しているお店も6日はいつ閉めてもおかしくないと店員は話していました。(7月6日14:55)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network