【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月6日(金)

高知・安芸川が一時氾濫危険水位を上回る

西日本各地で大雨による被害が広がっています。高知県では降り始めてからの雨量が1000ミリを超えたところがあり、記録的な大雨となっています。この大雨で高知県東部の安芸市では安芸川の水があふれ、住民が一時、家に取り残されました。

安芸川は氾濫危険水位を下回ったとの情報が入っていますが、今まだ茶色い水が大きな音を立てながら流れていて、橋げたに目を向けると茶色い水がたたきつけている様子が見られます。

安芸市では5日の夜から断続的に非常に激しい雨が降り、午前0時に氾濫危険水位を超えました。この影響で栃ノ木地区では川の水があふれ、避難できず家の中に取り残された住民が屋根の上から救助を求める姿も確認されました。これを受け、尾崎知事は午前3時半に陸上自衛隊に災害対策基本法に基づく災害派遣要請を行いました。

安芸川の水位は午前8時前に氾濫危険水位を下回り、現在も少しずつ水位が下がっています。県によりますと、連絡が取れなくなっていた21人の無事が確認されたということです。これまでの大雨で地盤が緩んでいて、土砂災害への厳重な警戒が必要です。(7月6日11:39)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network