【現場から、】西日本豪雨災害

2018年7月6日(金)

京都府、自衛隊に災害派遣要請

今回の大雨で、近畿地方では各地で川が増水し、京都市は市民14万人に避難指示を出しています。観光地として知られる京都・嵐山からの報告です。

桂川は、降り続いた雨の影響で5日午前から水位が一気に上がり、京都市内でも氾濫危険水位を超えました。現在は徐々に水位が下がっていますが、上流にあるダムがほぼ満水の状態で、今後、放流を開始するため、再び水位が上がるものとみられます。

こうした河川の増水や土砂災害の危険性が高まっているとして、京都市では、およそ14万人に避難指示が出ています。

雨は今後も降り続くとみられ、京都府の災害対策本部は、桂川の水があふれ出すおそれがあるとして、6日未明に自衛隊に対し災害派遣要請を行いました。(7月6日6:00)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network