現場から、海を殺すな プラスチック汚染

シェア
2018年8月10日放送

NZ、来年7月までにプラ製レジ袋の使用禁止へ

ニュージーランド政府は、プラスチックによる環境汚染に歯止めをかけることを目的に、使い捨てのレジ袋の使用を来年7月までに禁止すると発表しました。

「政府は使い捨てのプラスチック製レジ袋を、来年までに段階的に廃止していくことを発表します」(アーダン首相)

ニュージーランドのアーダン首相は10日、来年7月までに小売店が使い捨てのレジ袋を提供することを禁止するとの方針を明らかにしました。

ニュージーランドでは年間数億枚のレジ袋が消費され、一部が海や河川を汚染していて、これまで大手スーパー2社が、年末までに段階的にレジ袋の提供をやめることを発表していました。

アーダン首相は「すべての小売店を対象に公平かつ効果的に目標に向かって行きたい」と述べ、政府として他の小売店にもレジ袋の提供をやめさせ、環境汚染に歯止めをかけたい考えを示しました。

プラスチックによる環境汚染は世界的な問題となっており、これまでにフランス、ベルギー、中国、チリなどの国が、レジ袋を禁止したり制限したりすることを決めています。

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network