現場から、海を殺すな プラスチック汚染

シェア
2018年8月2日放送

メキシコでアボカドの種からストロー

海洋汚染の一因になっているとしてプラスチック製のストローを廃止する動きが世界各地で進むなか、メキシコの企業がある食材を原料としたストローを作りました。

ベルトコンベアの上を次々と流れていくストロー。その原料は、メキシコの名産品、アボカドです。

このストローを作ったメキシコの企業は、アボカドの種から、微生物の働きで自然に分解されるプラスチックを作る技術を開発しました。

この企業はストローだけではなくスプーンやフォーク、ナイフなどもアボカドの種から作っています。

国際的な問題となっているプラスチックごみによる海洋汚染。アメリカのコーヒーチェーン大手スターバックスなどがリサイクルが難しいプラスチック製ストローを廃止すると発表するなど、世界で取り組みが始まっています。

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network