現場から、海を殺すな プラスチック汚染

シェア
2018年7月21日放送

ドミニカ共和国の海岸に大量のプラスチックごみが漂着

photo

カリブ海の島国、ドミニカ共和国では海岸に大量のプラスチックごみが漂着し   大きな問題となっていて、軍や地元当局、海洋環境保護団体らが連日、清掃活動を行っています。

海面が見えなくなるほど浮かぶ、ごみ、ごみ、ごみ……。
波となって海岸に打ち付けられます。
ドミニカ共和国の首都、サントドミンゴの海岸には、大量のごみ、特にプラスチックのごみが漂着し、深刻な海洋汚染が進んでいます。

連日、軍や地元当局に加え海洋環境保護団体や雇われた市民らが清掃活動が行っていて、7月20日も大規模なごみの回収作業が行われ、ここ数日の清掃活動で合わせておよそ60トンのプラスチックごみを回収したということです。

一方で、毎日新たなプラスチックごみも漂着していて、根本的な解決には至っていません。

海洋環境保護団体は、プラスチックゴミによる海洋汚染はドミニカ共和国だけの 問題ではないと指摘していて、世界の海には25万トン以上のプラスチックが少なくとも5兆もの破片となって漂っているとしています。

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network