現場から、海を殺すな プラスチック汚染

シェア
2018年5月30日放送

EU、使い捨てプラスチック製品の禁止を提案

世界でプラスチックゴミの環境汚染が問題視される中、EU=ヨーロッパ連合は、使い捨てプラスチック製品の禁止や、2025年までにプラスチックボトルの9割を回収することを提案しました。

EUは今年1月、2030年までにEU市場のプラスチックの包みをリサイクルするなど、環境と人間への影響を防ぐため、プラスチックゴミの削減に関するヨーロッパ初の戦略を発表しています。

EUは28日、今後の具体的な提案として、加盟各国におけるフォーク、ストロー、皿、綿棒などのプラスチック製品を禁止すること、加盟各国が2025年までに使い捨てプラスチックボトルの9割回収を義務づけることなどを発表しました。また、メーカーなど製造者側には、廃棄物処理の一部負担などを求めています。

一方で、提案されたプラスチック製品禁止の時期についてはまだ明示しておらず、今後はEU加盟各国と欧州議会が提案を承認した後、実現に向けて動く運びとなります。

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network