【現場から、】なくせ!危険運転

topページへ
genba@best.tbs.co.jp
情報提供をお待ちしています

※TBS個人情報の取扱いについてはこちら

2018年4月23日 放送

亀岡事故遺族の訴え

6年前、京都府亀岡市で起きた無免許運転の車による死亡事故で、遺族からの訴えです。「危険運転致死傷罪は適用のハードルが高すぎる」。疑問の声は今も広がり続けています。

23日朝、献花台が置かれたのは、6年前、大きな事故が起きた現場近くの道路脇です。遺族たちが集まり、七回忌の法要が行われました。その中のひとり、中江美則さん。2012年4月23日、京都府亀岡市で集団登校中の列に軽乗用車が突っ込んだ事故。7歳と8歳の女子児童らあわせて3人が死亡、7人が重軽傷を負いました。中江さんは、妊娠7か月だった娘の幸姫さん(当時26)を失いました。

「一番立ち直らないといけない日だが、あまりにも犠牲が大きすぎて、この日が来ても全く変わることがない」(娘の幸姫さんを亡くした 中江美則さん)

そして、事故現場には、他の事故の遺族も。去年6月に起きた東名夫婦死亡事故。あおり運転の車に高速道路上で無理やり停車させられた結果、後続車に追突され、夫婦が死亡しました。その遺族、萩山文子さんと中江さんは。

「なった人にしか分からないよね。絶対分かる人いないね」(萩山文子さん)

「なった人にしか分からない。でも僕らは伝えて、法律が変わっていくだろうから、そこはもっともっと見つめてほしい」(中江美則さん)

法律を変える。中江さんはそう訴え、活動を続けてきました。6年たった今も、危険運転致死傷罪を定める法律に疑問を抱き続けています。

「これって交通事故ですか。違うでしょ。司法に変わってもらわないと、何のメッセージを僕たちが伝えればいいのか」(娘の幸姫さんを亡くした 中江美則さん)

軽乗用車を運転していたのは、当時18歳の少年。「居眠り」のうえ、「無免許」でしたが、「危険運転致死傷罪」は適用されず、より量刑の軽い自動車運転“過失”致死傷罪で有罪が確定しました。

法律上、危険運転致死傷罪の成立には「運転技能がないまま、自動車を走行させる行為」が必要とされています。ところが、この事故の場合、少年が過去に運転を繰り返していたことから、「無免許であっても運転技能はあった」として、法律の構成要件に該当しないと判断されたのです。

「勝手気ままに無免許(運転)を繰り返して、車の運転技能が能力があるからって危険運転にならないのは、あまりにも理不尽すぎる法律。あんな悲惨な重大、事故じゃないんですよね。常に言うんですけど、事故じゃない、事件なんです」(娘の幸姫さんを亡くした 中江美則さん 今年1月)

2015年に大阪で起きた飲酒運転による死亡事故でも、「酒は飲んでいたが、正常な運転が困難だったとは言えない」として危険運転致死傷罪は適用されず、ハードルの高さが浮き彫りとなりました。

「危険運転って、じゃあ何が危険運転なの?って。まだまだ不十分で、この法律っていうのは、もっともっと見直していってもらわないといけないと思う」(娘の幸姫さんを亡くした 中江美則さん 今年1月)

危険運転致死傷罪は死傷事故全体に比べ、適用数が少なすぎるのではないかと話す専門家もいます。

「危険運転致死傷罪で重く処罰されるのと、過失運転致死傷罪、あるいは道交法違反になってしまうので、それの間が開きすぎている」(同志社大学 川本哲郎教授)

遺族からあがる疑問の声。危険運転致死傷罪の在り方が問われています。


「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。


TBS個人情報の取扱いについてはこちら