【現場から、】なくせ!危険運転

topページへ
genba@best.tbs.co.jp
情報提供をお待ちしています

※TBS個人情報の取扱いについてはこちら

2017年12月21日 放送

ドイツが導入「一生涯免許剥奪」制度

ドイツが導入している厳しい制度についてお伝えします。「一生涯にわたって免許を剥奪する」。その狙いはどんなものなのでしょうか?

繁華街で行われている危険なカーレースを捉えた映像です。飛び出す2台の車。猛スピードで競い合う先には、一般の車が・・・。現場はドイツ・ベルリンの「クーダム通り」。日本で言えば、東京・銀座のような、まさにメインストリートです。この場所で、去年2月、カーレースによる大事故がついに起きてしまいました。

150キロ以上のスピードでカーレスをしていた2台は、信号の手前で衝突。コントロールを失った1台が交差点に進入したところ、走行してきたジープと衝突。ジープは70メートルも飛ばされたということです。

赤信号を無視しながら猛スピードで競争を続けた2台の車。接触事故を起こしたあげく、交差点にいたジープを巻き込んだのです。レースを行っていた2人の男は無事でしたが、巻き込まれた車の69歳の男性が死亡。事故を起こした車のメーターは、220キロを指して止まっていました。裁判で2人の男には殺人罪が認定され、判決は終身刑。そして、言い渡されたのは、それだけではありませんでした。

「このクーダム通りで行われたカーレース事故では、ドライバーの2人には終身刑に加えて“一生涯の運転免許剥奪”が言い渡されました」(ベルリン州警察交通担当官)

一生涯の運転免許剥奪。ドイツでは終身刑とはいっても、仮釈放があります。将来、社会に復帰したとしても、車の運転は認められないと判断されたのです。

「裁判所は(カーレース事故の2人は)運転には向いていない性格だと認定したのです」(ベルリン州警察交通担当官)

ドイツでは、免許の剥奪は社会の安全を守るという理由で行われていて、大きな事故には至っておらず、刑罰自体は軽いケースでも、ドライバーとして極めて危険と認められる場合には、一生涯、運転禁止にできるといいます。

こちらの映像は、危険なバイクの運転動画をライダー自らインターネットに投稿していたもの。まだ、事故には至っていませんが、警察は現場が学校の近くだったことも重く見て、“一生涯免許剥奪”を視野に捜査をしているといいます。

「ここでの時速は106キロで、制限速度の2倍近く出ています。Tシャツ姿でウイリーまでしています。子ども、歩行者と衝突したら、間違いなく死亡事故になっています。裁判になれば、一生涯免許剥奪の判決になるでしょう」(ベルリン州警察交通担当官)

日本にも「免許取り消し」の制度はありますが、取り消しから最長10年で、再び免許を取ることが可能です。これについて、警察庁の坂口長官は21日・・・。

「(最長10年間は)他の制度と比べても、相当長期となっております。まずは悪質・危険な運転者に対して厳正な取り締まりを徹底し、行政処分を適切に行うことが重要と考えています」(警察庁・坂口正芳長官)

ドイツにも、一生涯の剥奪ではない一定期間の免許停止の制度がありますが、こんな運用もされています。

「例えばスリなど窃盗の犯罪を5回行った場合、刑罰に加えて免許停止することが検討されます。また、地下鉄などで無賃乗車を5回行ったというケースにおいて、刑罰に加えて半年間にわたって免許停止する可能性があります」(ベルリン州警察交通担当官)

これは、法を守る大切さを学ばせるために行っているということです。


「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。


TBS個人情報の取扱いについてはこちら