【現場から、】なくせ!危険運転

topページへ
genba@best.tbs.co.jp
情報提供をお待ちしています

※TBS個人情報の取扱いについてはこちら

2017年12月13日 放送

危険運転ドライバー対策の課題

危険な行為を行うドライバーへの対策が求められていますが、そこには、まだ多くの課題があります。今年6月の東名夫婦死亡事故の遺族は危険な運転を行う人には免許を与えないでほしい、と訴えます。

これは、今年5月、大阪・門真市の通学路で、車の中から撮影された映像です。

「どけ、こら、お前ら」

動画には、車が迫る直前で立ち止まる小学生らしき姿や、逃げ惑う制服姿の子どもたちが写っています。

車を運転していたのは19歳の少年。映像を撮影していたのは助手席にいた20歳の男で、映像を動画投稿サイトにアップしていました。

けが人はいませんでしたが、警察に逮捕された2人は「小中学生が邪魔なので、思い知らせるために動画を撮ろうとした」と供述しました。

警察は、極めて危険な暴走行為だったことを重くみて、逮捕時は殺人未遂の容疑を適用、さらに、公安委員会は運転免許を180日間の停止としました。

しかし、危険な運転行為への対応には、まだ多くの課題が残されています。

道路交通法は、将来、事故を起こす可能性が高いとされる人について、免許を停止することができると定めています。

この規定による免許停止処分は去年1年間で674件に上りますが、この多くが薬物の常習的な使用などのケースで、“あおり運転”などの交通トラブルを起こした当事者に適用したのは、わずか6件にとどまっています。

その背景には、あおり運転などは映像が記録されていないかぎり、警察が事実を立証することが難しいことがあるといいます。

「(一般の人から)映像を警察に送るなどして、処罰を求めていただきたい。人身事故に発展してからでは遅い。その前の段階で、積極的に映像などをもとに警察が取り締まりをするようもっていってもらいたい」(危険運転の問題に詳しい加茂隆康弁護士)

今年6月に起きた東名高速の夫婦死亡事故。

起訴された石橋和歩被告は、東名の事故だけでなく、その前後にも無理やり停車させたり、進路を妨害したりするなどの交通トラブルを度々起こしていたことも分かっています。

亡くなった萩山嘉久さんの母、文子さん(77)はこう訴えます。

「(Q.あおり運転をした人に免許を持たせることは?)甘いね。まさかこんなことをすると思わない、人間的に。早く免許は取り上げればいいのに」(息子夫婦を亡くした萩山文子さん)

手すりを使って、一歩一歩、階段を登る文子さん。

この日、息子の嘉久さんと、妻の友香さんが眠る墓に向かいました。

77歳という年齢もあり、足が悪く、なかなか墓を訪れることはできませんでしたが、およそ5か月ぶりの墓参りとなりました。

「着いたよ、よっちゃん」
「なんで死んじゃったか。親より先に逝っちゃダメだよ、私を送ってね、こんなに早く逝くなんて思わない」(萩山文子さん)

文子さんは、理不尽な形で突然、2人を奪われたショックで、しばらく眠れない夜が続いたといいます。

「車も怖いの。車の恐怖心が自然に入っちゃってね」(萩山文子さん)

文子さんは石橋被告だけでなく、危険な運転を繰り返す人には免許を与えないようにしてほしいと訴えます。

「車は凶器だと思いたくない。便利な乗り物だけど、ああいう人(石橋被告)にやったら凶器だね」(萩山文子さん)

悲惨な事故をなくしていくための対策が求められています。


「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。


TBS個人情報の取扱いについてはこちら