今週の一筆
【画像】

09月06日の放送

「タイラくん」を国会に!

自民党 平将明 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党第二内閣部会長の平将明さん。今回は分身ロボット「オリヒメ」と一緒に登場。タブレット端末を用いてインターネット経由で操作する、高さ25センチほどのかわいいロボットで、平事務所で通称「タイラくん」呼んでいるもの。もう1年前から試験的に、なんとか国会に導入できないかと野党と交渉しているんだという。

 「難病ALSの舩後さんたちのために物理的なバリアフリーは一部できたけど、質問や採決をどうするのか、運用はまったくまだ。私が取り組んでいるのは通信を使ってこれを解決できないか、ということです。よその場所で端末に入力すれば議場でロボットが声を発したり、首や腕を動かしたりします。舩後さんなら目で示せば動くようにセットできますし、前もって賛成・反対をセッテイングしておけば、アイコンを見るだけで動くようにできます。重度の障害でなくとも、出産時とか高齢の方とか、政治参加の時のユニバーサルサービスとしても大変便利です。元は外務大臣が国会に縛られるのはいかがか、との発想からですから」

 でも憲法違反という人もいるが? 「『関係閣僚は呼ばれたら国会に出席しなくてはならない』とありますから。もちろんそれは当然ですが、でも出席の概念は? 何も現物(本人)がそこにいなくても、日程闘争や相手を追い込むためなのか、『本人はそこにいるべき、タブレット端末などは使わせない』の一点張り。与党のベテランも『いや、平クン、質疑応答は人間対人間の戦いだ! あなたの考えは甘い!』といわれてますよ」

 なりすましやハッカーは? 「今やデジタル社会。電子認証は当たり前。この前の国会で、海外からの投票もこの電子認証でできるようになりました。霞ヶ関とも今、TV電話でOKという人も増えています。働き方改革をするためにはまず議員の方から変わらなくてはなりませんから」

 先日、マイナンバーカードを普及させるため、消費税増税に伴う消費の落ち込み対策としてマイナンバーカードを活用しようという方針が示されたが、平さんはマイナンバーカードの必要性を列挙する。

 「まだ10数%しか普及していないんですよね。私が地方創生副大臣時代に作った自治体ポイントというのがあるんですが、これをナショナルポイントにしようというものです。例えばスマホ決済にマイナンバーカード取得で国からプレミアムポイントが加算されて、より多くのものが買える。またマイナナンバーとスマホと連携で、こういう支援政策がありますよ、とか介護の場合は、とか保育園の話とか、その人に応じたプッシュ型情報が届く。そして申請すれば一人一人に必要な給付が届く。つまり、スマホの中で情報と給付が完結する。軽減税率なんていりません。これがデジタルガバメントへの道、本当に必要な人のところに必要な政策と必要な給付ができるんです」

 でも、自分のプライバシーが国に一括管理されると思うと怖い、という人は多いですよね? 「いえいえ、まずはデータ、個人情報管理は、一番規制の厳しい欧州と、ほぼほぼ同じなんです。お互い交流ができるくらいで、今後もこの線は崩れません。特に日本は独立した『個人情報保護委員会』というのがあって、この前もリクルートが注意されましたよね。厳しくチェックしています。それに『オレ、プライバシー破られたくないからスマホを使わない』という人がいてもいいんです。ETC使わない人のために高速道路の料金所はなくならないでしょう? 役所の届けだってちゃんと書類提出でもできるように残ります。もう一つ、司法の判決で個人情報を政府に一本化してはいけない、となっています。あんまり心配する必要はないと思います。なりすまし? 印鑑などが3Dプリンターで簡単に偽造ができる時代、デジタルとアナログとどちらが信用おけるんでしょうか?」

 今後はデジタルガバメントやデータ・ドリブン・エコノミーの国際・国内ルール作りをしっかりやりたい、という平さん。趣味は? と聞いたら「最近はもっぱらNetflixでの映画鑑賞! お気に入りは『全裸監督』。それから車。50歳になってマツダのロードスターを買いました! 白いマニュアルミッションのオープンカーで、懐かしの松本伊代、早見優とか荻野目洋子を聞きながら走ってます!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:9月6日(金)23:00/9月7日(土)9:30/9月8日(日)0:30