今週の一筆
【画像】

07月27日の放送

人件費はコストではなく投資。特に中小企業の経営者の方、考えて!

自民党 福田達夫 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官の福田達夫さん。といっても防衛問題ではなく、「2020年以降の日本」をどう考えるか聞いた。

 「僕は今51歳。25年程前に民間企業に入ったが、その頃にはすでに国際環境の大きな変化を前にしてどうやったら稼げるのか、仕事の構造を変えるのに一生懸命だった。ところが14年前に政治の世界に入って、当面の政策課題を解決することはやっていても、未来に向けてのそもそも論はあまり議論されていなかった」

 お父様の福田康夫首相の秘書官として官邸にいたからそういう考えを? 「いやいや、僕ら同期は100人以上いて、未だに『魔の3回生』なんて言われますが、問題意識の高い人が多い。『2020年以降の経済財政構想小委員会』も、スタート時は小泉進次郎さんの働きかけが多くありますが、若い世代がそれに応じて、本当に深い議論をした。自分たちがこれから生きていく時代のことですから」

 2020年以降を考えるとき、枕詞のように「人口減少・高齢化の時代を迎えて」と付くが? 「実は高齢化が問題ではないんです。『高齢社会の実現』というのが日本の目標でしたから、今それが実現したわけです。ただ問題は少子化。今の年金・社会保障制度は1970年代にできています。僕の祖父の福田赳夫が人口問題を気にしていたのを覚えています。父の康夫も人口問題に関心があり、僕も『何故そんなに人口問題・人口問題と言うんだ?』と言われていました。でも、切実に考えてこなかった今、人口が減る中、若い人たちが先輩を支えきれなくなっている。それから、商社で経営戦略を考えてきた経験から、国力は人口に大きく左右されると言えます。例えば2020年には女性の過半数が50歳以上となります。6年後の2024年には団塊世代がすべて75歳以上となり、社会保障費が大きく膨らみ始めます。生産年齢人口(20〜64歳)が7年後には総人口の54%になり、1人が1人を支える形に。だから女性と高齢者がさらに活躍する環境を作ることが必要なんです。構造を大きく変えなければなりません。若い世代が『我々の世代の負担がどう増えるの?』と考えるような社会不安を作ってはいけません。若い方たちに活躍してもらおう、そして高齢の方でもその経験や知識力を活かして共に働こうというメッセージが必要なんです」

 だから「働き方改革」? 「そう。我々は党内でもう2年前から議論を始めました。それが今回『働き方改革』法案として成立しました。特に僕にとっては中小企業政策をずっとやってきましたので、ここをどう考えるかです。地方では中小企業が9割、残りの1割が農業です。だからここが元気になれば国が元気になる」

 でも野党はこれは「働かせ改革」だというし、肝心の中小企業は「大企業ならできるけど我々にはできない」と言ってますが? 「たしかに中小企業は大企業の下請けが多いですから、しわ寄せが来る。そこに働く方たちはさらに給料が下がる。経営者の中には36協定の存在すら知らない、200時間も働かせて当然と言っている人もいる。でもこれだけ人手不足の中、転職の仕方さえ教えれば、悪い会社には人は残らない。我々のできることは、きめ細かにその環境を作ってあげること。でも中小企業と言っても業種は多種多様、地域によって雇用慣行も全く違いますから、きめ細かにやらなくてはなりません」

 「とにかく、自分が本当に求めている働き方はどんなものか一度考えてみてください。違う景色が見えてくると思います。経営者の方もこれまでは人件費を固定費にしてコストと考えているけど、それは違います。日本は島国で資源が少ない。だから人材こそ宝の山です。今までは決まったモノを作って、決まったモノを売ってきた。でも今やそれではダメ。新しいサービス・モノを作る、その為には人間に投資する事が大事なんです」

 10歳の息子が活躍する時代をどう作るのかが我々世代の仕事、という福田さんに、時間があったら何をしたいか聞いたら、「地方に行ってその地域の歴史を知りたい。何もないところからどう産業を興したかとか知りたいな。化粧筆で有名になった広島の熊野町の話も面白かったし、岡山県は南と北が全く文化が違っていたし。でも仕事につながっちゃうかな?」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:7月27日(金)23:00/7月28日(土)9:30/7月29日(日)0:30