今週の一筆
【画像】
【画像】

06月29日の放送

虐待は社会の病の現れ! 「子どもの権利」を基本に環境整備を!

塩崎恭久 前厚生労働大臣

対談を終えて

 今回のゲストは前厚生労働大臣の塩崎恭久さん。3月に目黒区で5歳の船戸結愛ちゃんが養父からの虐待で死亡するという痛ましい事件が起こったが、塩崎さんは「児童の養護と未来を考える議連」会長。今回の事件を受けて、超党派の「児童虐待から子どもを守る議員の会」を立ち上げた。

 「もう十数年前、根本匠・安倍・石原伸晃・私でNAISというグループを作っていて、私の地元の後援者から、こういうことにも関心を持てと言われて、児童養護問題の勉強を始めた。そのうち他の人が閣僚になったりしたので、私1人で丹羽雄哉元厚生大臣と一緒にやってきたが、自民が野に下ったときに安倍さんに会長になってもらってこの議連を立ち上げ、第二次安倍政権になってから私が会長で今に至っている」

 「児童施設に入って来た子どもたちの6割が虐待の被害者。社会の病がここに。子どもたちは声を発せませんから、私たちがよほど注意してみてあげなければ。『親の権利』は民法に書いてあるが、実は90年代に『子どもの権利条約』が批准されたにもかかわらず、国内では『こどもの権利』は法律の中には書かれていなかった。で、一昨年、厚生労働大臣時代、児童福祉法改正の中にこれを入れ、さらに『子どもの利益が最優先』『家庭養育最優先』を入れた。そもそも児童福祉法は戦後、戦災孤児を収容するという発想で作られたもの。それをまず転換しなきゃ!」

 虐待は増えている? 「児童虐待防止法施行前に比べて相談対応は12万人と10倍以上! でも、もっと問題なのは要保護児童数が4万5000人と横ばい。つまり、相談はあっても保護される子どもたちは増えていないということ」

 今回の結愛ちゃんのケースは? 「お医者さんが見つけても、不起訴になった親のケアも十分せずに二度も家庭に帰してしまった。本来なら親子分離しなくてはならないケースです。しかも東京に移った後、本人に会えなくて帰ってしまった。これも本来なら警察に立ち会ってもらって48時間以内に面会しなければいけないんです」

 児童相談所の数や人手が足りない? 「児童相談所を都道府県と政令指定都市には作れ、となっているんですが、中核市で作っているところは2つだけ。残念ながら地元の松山市にもない。県と上手くやっているからいい、と言うんです。でも、こういう問題はもっときめ細かくやらなければ。99%の市町村には『養護保護児童対策協議会』といって児童相談所・教育機関・医療・警察などが連絡を取り合っています。これを単なる情報交換の場ではなく、見守って行動する場にしなければ。もう1つ、運用がそれぞれの所でバラバラでは困る。厚労省がきちんとデータを集めて全体が同じように活動する環境を作ることが大切。これまでやってきてなかったので、今回のような残念なケースがでてきてしまった。でも、今回のことがきっかけで今年の骨太の方針に児童相談所体制の強化などが入りました」

 質も問題? 「そう、専門家が必要です。児童相談所所長や児童福祉司も児童相談所での経験だけ、という人も多い。社会福祉士の資格を持つと言っても、高齢者対応という人も多いので、やはり大学で児童のための専門教育を受けた人とか、国家資格で児童福祉司を作る、とか考えなくてはいけない時と思います」

 塩崎さんは里親の充実をおっしゃっているが? 「子どもは家庭で育てるのが第一。でもそれができないとき、家庭に近い環境で育てる。だから養子縁組であり、小規模で地域分散の養護施設がいいんです。せいぜい6人くらいを一戸建てで育てる施設。今は大きな50人近い子どもがいる施設を5〜6人のユニットにして預かる形が増えていますが、廊下でつながっているので行き来ができる。だから大規模と同じ事。大人数のところでは、支配関係ができ、児童同士の暴力や性的虐待の報告も受けています。経営・効率化という観点ではなく、あくまで子どもがどう健全に育っていくかのための環境作りを私たちは作っていかなくてはいけないと思います」

 お孫さんがもう5人、だからよけい今回の結愛ちゃんのケースには心が痛むという。「厚労大臣としていろいろ法律を通したが、まだまだそれでは不十分。ライフワークとしてこれからもやって行きます!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:6月29日(金)23:00/6月30日(土)9:30/7月1日(日)0:30