今週の一筆
【画像】
【画像】

12月22日の放送

来年は憲法改正・防衛大綱見直し 逃げずに真正面から議論していきます!

自民党 宇都隆史 参議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党参議院議員の宇都隆史さん。元航空自衛隊員、外務大臣政務官、現在は党国防部会長代理、安全保障調査会副会長、ということで、日本の防衛についてお話をうかがった。

 北朝鮮問題の現状は? 「火星15という米国までとどく弾道ミサイルを打ち上げたが、弾頭にどれだけの重量のものを乗せられるのか、また大気圏再突入に耐えられるのかは、まだちょっとわからない。今のところは双方合理的に行動していると思う。でもまさか!はありえますからね」

 国際世論は? 「厳しい国連決議は出たが、欧州から見るとウクライナ問題が最大の関心事。ロシアはこれで経済制裁を受けているから、北朝鮮というカードを持つことは都合がいい。中国も米から期待されてはいるが、やはり自分たちに都合の良い状態に持って行きたい。だから、北朝鮮が核をあきらめる代わりに米韓軍事演習を朝鮮半島近辺でしないように、と言っている。これは自分たちにとっても都合が悪いから。制裁をどこまで本当に履行しているのか?」

 韓国は? 在留邦人の救出もいい顔をしないが。「国民感情から自衛隊機、自衛隊艦艇が入るのを認めようとしない。日米だけでなくコアリションでの協力すら認めないんですから。もともと同胞ですから武力行使だけは認めたくないんですよね」

 日本の対応は? イージスアショア配備が閣議決定されたが? 「これまではイージス艦と地上のPAC3で対応してきた。でもイージス艦は南西諸島とか大和堆とか他に対処するべきことがたくさんある。日本海にいつまでも縛り付けているわけにはいかない。その点、このイージスアショアは一度据え付けると2基で日本全土をカバーできる」

 導入の問題点は? 「少なくとも200発持っていると言われるミサイルが同時多数打ち込まれたら、もちろん対処できない。5年後くらいまでに導入、陸自が運用するのだが、訓練・習熟が必要。一基約1000億円、そのほかに周辺機器が必要なので、値段が高すぎると言われるが、セットで2000億で、安全を護れるとしたら、これが高いんだろうか、と思う」

 今回は中・長射程の攻撃ミサイル導入のための調査費を急に予算要求し認められたが?「離島防衛・南西諸島の守りに対して、これまでは短距離しかもっていなかったので、上陸されたときに、こちらから攻撃する場合のリスクが増えるんですよね。長距離でしたら、ほぼリスクゼロに近いところから攻撃できる」

 でも、これで北朝鮮まで攻撃できるとなると、敵基地攻撃能力を持つということになり、憲法の専守防衛に反するのでは? 「いえ、敵基地『反撃』能力で、向こうが攻撃態勢をとってから初めてこちらが対処する、ということで、専守防衛・憲法違反ではありません。これは過去の国会答弁でも積み上げてきた解釈ですが、政治的判断で持ってこなかった。しかし今の状況では、変えてもいいのかな、と」

 安倍首相も今後10年の戦略環境を見据えた防衛大綱や、そのうちの5年間の軍事力整備の見直しを発言したが、これもそのひとつ? 「そう。その方向できちんと議論をしてほしい、ということ。これまで国を守ることについて具体的な議論がなさ過ぎた」

 それにしても戦闘機、イージスアショア等々、値段が高すぎるし、トランプ大統領はさらに買え、と。「いや、あれは相互に国内向けの発言。『貿易赤字を減らしたい』『防衛大綱等でさらに買う計画は立てています』と。ただ、FMS(Foreign Military Sale)・政府調達は確かに値段が高い。アメリカ側の言いなりの値段だし、導入時期も米次第の不平等条約。F22を買いたかったのに最新鋭を出すのはダメとの議会の反対で、F35を売りつけられたこともある。これでしか手に入れられないから、しかたがないとはいえ、やはりここは粘り強い交渉が必要だと改めて思う。ゆくゆくは国産、という環境も作らないと」

 最近始めたゴルフに、いっぺんにはまってしまったという宇都さん、「スコアですか?恥ずかしくていえません!」。来年の抱負は? 「憲法改正、防衛大綱の見直し等々、防衛の根幹の議論がでてくるので逃げずに真正面から議論していきます!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(TBSニュースバード)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:12月22日(金)23:00/12月23日(土)9:30/12月24日(日)0:30