今週の一筆
【画像】
【画像】

12月15日の放送

「若者の政治参加」と「認知症予防」を目下推進

自民党 鈴木隼人 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党青年局学生部長の鈴木隼人さん。東京10区で小池都知事側近の若狭候補を破って再選し話題になったので、まずはその話から。

 「解散当日の9月28日に支部長になりましたので、時間が本当に足りなかった! 自民党支持層には都議会の先生たちに動いていただきましたので、私は無党派層に働きかけることにして、ひたすら駅前やスーパーの前でビラをまきました。若狭さんたちは車を連ねて街宣、『ア、お金あるんだなあ〜』ってみていました。でも、ツイッターとか若手の議員の応援もあって、おかげさまで当選できました。これまでは東京ブロックでの比例当選だったんですが、今回、小選挙区で当選、地域との絆がぐっと増えました。いろんな意見も聞けるし、毎日忙しくしています」

 今年初めに党で「若者の政治参加検討チーム」を立ち上げ、このたび提言を出したそうだが、何故このテーマで? 「一つは一昨年、去年と経験したあることがきっかけです。一昨年、党で年金問題解決に『マクロスライド方式』を導入するという提案があったんですが、賛成したのは河野太郎さんと私のたった二人! 人口動態や社会情勢によって年金を調整するものなので、人口が減ると年金が減らされる。有権者に受けないだろうと多くの方が反対にまわったんです。それを去年もう一度出し直しまして、若手を集めて皆で声を上げたら、今度は通すことができた。やはりこれからは、若い人たちが社会のあるべき姿について声を上げていかなければ、正しい政策を実現するのは難しいな、と感じました。もう一つは若い人たちの投票率の低下。このままだとさらに下がり続け、政治は特定の利害を持った組織票が強く効いてしまう。だから30代の若い国会議員が集まって検討チームを作ったんです」

 いろいろ提言しているが、特に何を? 「この提言を受けて、すでにいくつか実現に向け研究会等ができました。例えば、党では被選挙権の年齢引き下げを議論し始めました。若い人たちが実際に国会議員になって議論をすれば、身近に感じます。また投票のための利便性からいえば、インターネット投票。スマホなどを使えば投票が簡単にできます。もちろん投票の秘密や、なりすましなどの問題はありますが、今、総務省で研究会が立ち上がりました。後は『若者政策担当大臣』を置く。『青少年健全育成担当大臣』がいますけれど、どうしても健全育成の方に偏りがち。若者政策とは何か、という定義は、しなくてはいけませんが、若者の将来や将来設計のための政策は働き方改革にもつながります。そして、これらを包括的に進めなくては効果が出ませんから、基本法も必要ですね」

 若者だけに目を向けるのではなく、自分の立ち上げた『認知症予防の会』の会長でもある鈴木さん。どんな動機で? 「祖父母が認知症でしたから、本人や家族の大変さはよくわかっています。家族だけでは支えられない、地域の協力が必要なんですけど・・・、薬だってまだ1〜2年発症を遅らせるくらいのものしかない。だから認知症にならないように『予防』が大切。経済産業省時代に『国民の健康寿命延伸』を担当、そこで『化粧療法』を取り入れたら、という話があったんです。施設に入っているコミュニケーションの取りにくい女性が化粧をしてあげて鏡を見せたら、急に笑顔になって明るくなった。これは介護予防になると直感して推進し始めたんですが、その途中で国会議員になってしまった。で、心残りですぐ、認知症予防の会を立ち上げました。この『化粧療法』の他に、『傾聴療法』、特に回想法といって昔の話に耳を傾けてあげるとか、『音楽療法』などを取り入れて認知症予防の普及・啓発に努めています。今年の9月には国内の認知症予防をやっている企業やNPO団体に呼びかけて国内初の全国規模の『認知症予防ネットワーク』を立ち上げるところまでこぎ着けました!」

 時間があったら何をやりたいか聞いたら「スキーかな。指導員の資格を持っているのであの白い世界を滑りたいんですが、でも日帰りでは無理なので、行くのは激減しました。チームに入っているので、行くのはもっぱら菅平です。寒くて雪も硬くて、修行のようなスキーです!」

 「左利きなので毛筆は苦手」と言いながら書いてくれた「今週の一筆」は「希望」。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:12月15日(金)23:00/12月16日(土)9:30/12月17日(日)0:30