今週の一筆
【画像】
【画像】

09月22日の放送

働き方改革法案、臨時国会はだめでも必ず国会に出します!

自民党 橋本岳 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党厚生労働部会長の橋本岳さん。まずは突然の解散話について。

 「正直、最初はとまどいました。でも日曜の朝、いっせいに報道されて、ふと、腑に落ちました。正直、今年に入って森友・加計問題、変な発言、スキャンダル、報道はそんな話ばかりで、社会保障制度・働き方をどうするんだ? 北朝鮮問題は、どこへ? やはり、国会の議論を正常化させないといけない。そういう意味では、ここで国会の議論を正常化させるために解散でリセットするんだと。そこのところを是非ご判断いただきたい」

 厚労副大臣から、今回、自民党厚労部会長に。「厚生側、労働側、副大臣として両方担当させていただきましたが、実感として厚労省は『国民生活省』なんですね。子どもとして生まれて、一生懸命働いて、高齢化して、病気や介護を受ける。全部、厚労省の範囲です。長寿化・少子化の今、これまでの制度のままではいられません。負担と給付、どうするか、考えることはたくさんあります」

 年金未払い問題での閉会中審査に出席。「加算制度の未払いが10万6000人、総額約600億円。また年金問題! と正直思いますが、年金制度は複雑ですし、制度改正も多々ある中で起こったミスです。すでに原因も特定されていますし、システムやチェック体制を直しました」

 厚労部会ももめたそうだが? 「いろんな意見が出ました。1つは消費税増税分を少子化や教育費の財源に充てる、という報道について。もともと『社会保障と税の一体改革』は、消費税増税分は社会保障費に充てると同時に、財政再建のために借金の返済や、これ以上借金を増やさないようにするために使うことになっています。これは自公民3党が合意して決めたわけですから、自民党単独では決められないのでは、という意見がでました。もう1つは、働き方改革法案に関わる議論がありました」

 働き方改革については、高度プロフェッショナル制度創設が残業代ゼロ法案だとずいぶんもめましたね。
 「働き方改革は去年の秋に実現会議を官邸に作りまして、労働者側・使用者側、有識者等が参加して議論を進め今年3月に実行計画を作りました。問題になったのが高度プロフェッショナル制度と裁量労働制。現行の労働基準法は1日7時間労働、それ以上は残業代を支払い、深夜10時以降はさらに加算。ただ、例えばトレーダーのような方は、たった1時間で100億円儲ける人もいる。そういう方たちは7時間働いて他の方たちと同じ給料という形で良いのかということです。裁量労働制も同じ考え方で、成果に応じて労働時間を自分で管理するという考え方。ただ、これが工場で働く人たちにまで広がって、残業代がゼロになるのではないか、という反対があるんですよね。一方、例えば残業時間の上限規制は労働側も賛成して、初めて取り入れましたし、同一労働・同一賃金の方向にも踏み出しました。これは何も、全部の人に同じ賃金というわけではなくて、労働の質が違えば当然、賃金は違います。一方、非正規と正規の間では同じ仕事をしていても、手当がなかったり、交通費がつかなかったりします。ここは是正しなくちゃなりませんね。この法案、臨時国会に出す予定でしたが、このような状況ですので、厚労部会もまだ通っていないんです。ただ、大切な法案ですから、しかるべき時に国会に出すべく準備をしています」

 8月末に中国を超党派の若手議員10人で訪問。たまたま、北朝鮮のミサイルが北海道を飛び越えたときで、向こうの外務次官補・孔鉉佑氏に「『北朝鮮への圧力に協力を』と言ったら、『圧力は大事ですね』と言いながら『同時に対話もしっかりしなければいけない』ということで、やや温度差がありましたけど、中国側も北をコントロールしきれていないという苛立ちも感じました。ま、中国はいろんな意味で大切な隣国ですから、もう10年続けている交流、今後も続けていきたいと思います」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(TBSニュースバード)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:9月22日(金)23:00/9月23日(土)9:30/9月24日(日)0:30