今週の一筆
【画像】
【画像】

09月08日の放送

北朝鮮問題、経済、支持率低下、野党再編 今年後半は大きな動きが出てくる

ジャーナリスト・嶌信彦 氏
与良正男 毎日新聞専門編集委員

対談を終えて

 今回のゲストは、夏休み明け恒例の、ジャーナリスト・嶌信彦さん、毎日新聞専門編集委員の与良正男さんによる「今年後半の政治・経済を占う」。

●まずは、緊迫の度合いを深めている北朝鮮問題について。
 嶌さん「トランプ戦略のあてが外れ、それについて行っている日本もどうして良いかわからない状態」
 与良さん「米はトランプ大統領がツイッターで発信、その後、一生懸命周りがそれに理屈をつけている。ただ、ホワイトハウス全体としては、今の圧力はほとんど効き目はないと思いつつ、最終的に軍事オプションはとらないという方向でやっている。北は核保有はやめないだろうから、米朝協議をやらざるを得ないと思っているのでは」

●日本の頭越し?それでいい?
 与良さん「そういうことにならないように、北は無理だろうが5か国協議という枠組みを立ち上げた方がいいのでは。昨夜(9月7日)、ロシアのプーチン大統領と安倍首相が首脳会談。安倍さんはもう19回プーチンさんと会っていて、G7の中で一番親しいと言われているけれど、良い返事はなかった。とにかく中国・ロシアを引き込むのが日本の仕事」
 嶌さん「兵糧攻めにしても効果はない。そのうちにもっと力を付ける可能性がある。新しい決断をしなきゃいけない時期がそろそろ来てるんじゃないか。今は“北風”路線だが、“太陽”、例えば東南アジアとの連合の中に入れば、もっとあなた方は豊かになれますよといった、アメリカとは違う発想があっても良いと思う」

●対抗のために、日本もICBMを持てだとか、果ては核武装論まで早くも出てきているが?
 嶌さん「核武装はダメ、日本の大原則ですから」。
 与良さん「もちろん非核3原則は守るべき事。ただ、我々も難しいんです。こういう時こそ冷静に、と言っても『何、絵空事言ってるんだ』と言われてしまう」

●経済について聞いた。
 嶌さん「ここ1か月ぐらい、日本の各メデイアは良いデータばかり書いている。安倍政権が出しているんだろうが、経済成長率が年率換算4%!だとか、企業の経常利益増、一般税収増、観光客増等、経済統計がとても良く、これは内需と設備投資のおかげだと書いてきた。しかし、速報値(2次速報)では成長率2.5%(年率換算)と大幅下方修正。上手くいってないことがばれてしまった」

●アベノミクス批判が岸田政調会長からも出てきたが。
 嶌さん「アベノミクス、結局は超金融緩和と財政出動による公共投資という従来型だった。安倍さんはちょっと選挙に負けたりすると『経済が大事』と言い出すけど、結局は安保だとか憲法改正の話になる。だから皆、不安になる」
 与良さん「キャッチフレーズがどんどん変わってきている。地方創生なんてどこへいっちゃった? 問題の根本は人口対策。どう人口を減らさないかだ。その一番の対策は地方対策。地方から中央への移動を止めなければいけないのに。大体、いつまでも『アベノミクスは道半ば』なんて。ようやく、それに対する反論が出てきたけれど」

●消費税率上げ、また延期?
 与良さん「強ければ上げられるけど、弱ければどうしようか、という話になる。都議選の大敗北で先送りの声が出てきた」
 嶌さん「今、やらなければ、もう永久にやれない。上げなければ経済めちゃくちゃになりますよ」

●解散総選挙についても聞いた。
 与良さん「今回の支持率低下は安倍さん本人の責任。下げ止まりはしても回復は難しいだろう。山尾問題等で民進が弱いうちに、という声もあるが、一方では北朝鮮情勢がこんな時に、と言う声もある。日本ファーストだって、準備が整わないうちにと言う考えもあるが、逆に時間が経てば実態がわかる、という説も。私は、年内はないと思っています。それより、野党再編云々ではなく、主役は自民党。選挙に強いということで安倍さんの一強。でも、安倍さんでは戦えないとなったら来年の総裁選はどうなるか。こちらの方が注目。今、中道がポカッと空いている。ここをどこが埋めるのか、与党も野党もこれから目が離せません」
 嶌さん「中道も政治的意味ではなく、中間層が魅力を感じる政策・政党が作れるかが鍵ですね」
 与良さん「そう。日本もトランプ政権の米と同じく両極端に分断され、まとめる勢力がない。普通の政党に戻ってほしい!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(TBSニュースバード)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:9月8日(金)23:00/9月9日(土)9:30/9月10日(日)0:30