今週の一筆
【画像】
【画像】

06月16日の放送

日本版マイスター制度でものづくり日本の技術の伝承を!

自民党 菅原一秀 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党副幹事長の菅原一秀さん。党の日本版マイスター制度に関する特命委員会委員長として、今回、第二次提言を出されたので、その話を伺おうと思ったのだが、まずは国会情勢の話から。テロ等準備罪を中間報告という極めて異例な対応で、いきなり参院本会議で6月15日の朝、可決・成立させたことについて聞いた。

 「いや、衆から参に移って、慎重審議をしようと言っていたのに、わずか2日で野党側は委員長の解任決議案を出した。しかもその翌日、維新議員の質問の途中で問責決議案を出すという異例の行動。で、ルールにのっとって中間報告で採決を取ることに。社会保障・経済・北朝鮮のミサイル、テロだって世界中、60以上起こっている。オリンピック・パラリンピックが日本で3年後開かれる時に、テロ対策は早く対応しなければならないんです。国民から見て、何やっているんだろうと見られかねないので、非常に残念です。でも、いずれにせよ、いったん国会閉じても、臨時国会、閉会中審査もありますから、そこで国民にきちんと説明し、理解を求めなくてはいけないですよね」、加計問題隠し、と言われているが? 「金が動いているのならともかく、総理は『友情はあっても、そんなことを言ったことはない』とはっきりおっしゃっています。テープなど明白な証拠があるわけではないんで、そうじゃないのかなあ、くらいで同じ質問を繰り返すのはおかしいと思いますよ」

 都議選にもからんで東京都の市場移転問題が話題になっているが、6月15日、下村都連会長や都出身議員、都議等と豊洲に視察に行ってきたとのこと。
 「地上・地下ピット、全部見てきました。去年11月7日に開場のはずが、小池知事が『まだもやもやした部分があるから開場はいかがなものか。再調査しよう』と思われたのは評価します。ただ、特殊シートで覆ったり、排水機能、排気機能を整備したりと、あれからきちんとやっています。小池さんは会議を乱立させていますが、科学的な根拠をキチッと示して安全が担保されたら、安心宣言を出すのが知事の仕事だと思います。小池知事が、来週にも豊洲移転、築地は売却か賃貸する、という決定を発表するのでは、と言われてますが、もう8か月も宙ぶらりんの状態。この間のコストも皆、都民の税金です。悪口をいうのではなく、企業と同じで赤字を早くなくすために、一日も早く判断すべきです」

 日本版マイスター制度について聞いた。「マイスターで一番有名なのはドイツですよね。私も視察に行きましたけど、ドイツでは義務教育の時から、学問と同時並行でハンドメイド、手に技術をつけることを教えているんです。それだけ、技術に敬意をはらっている。日本にそれを持ってくるのは難しいけれど、学歴に関係なく大工さんでも左官屋さんでも理容師さんでも、今、370万人もの職人がいらっしゃいます。その技術をもっときちんと評価して国で認定・顕彰しようというものなんです。実は全国技能士連合会とか、建設産業専門団体連合会とか生活衛生同業組合など、個々の団体や、地方自治体では、すでにマイスター制度を取り入れているんです。でも、東日本大震災以降の人手不足やオリンピック需要などがあっても、例えば建築業では大手のもとでの下請け・孫請けが大半で、その人達の処遇はちっともよくなっていない。そんなとき、国が認めるマイスターの資格をもっていれば、少しは待遇アップもできるだろうし、世間にも認められるし、継ごうという人もあらわれて、技術の伝承もできる」

 反対はなかった? 「横串を刺すことによって現在のマイスターの資格がなくなると心配する人や、担当省庁の忌避なんかもあったけど、やっと理解されはじめてきて、第二次提言も出せた。これからこの制度作りの法律化を進めます」

 党オリ・パラ実施本部幹事長の菅原さん、特にパラリンピックの成功が大事だという。バリアフリー、ユニバーサルサービスの充実した国だという発信をしてくれます。それから、北海道から九州までのホストタウンでの外国との交流にも力をいれるそうだ。

 時間があれば本屋さん周りをするという菅原さん、ジャンルは問わないそうだ。「それから国会近くのスポーツジム通い。でもなるべく同業のいない時をみはからって。運動に専念したいから!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:6月16日(金)23:00/6月17日(土)9:30/6月18日(日)0:30