今週の一筆
【画像】
【画像】

05月12日の放送

9条改正、3項として自衛隊を付け加えるなら芦田修正を認めれば理屈は通る

石破茂 前地方創生担当大臣

対談を終えて

 今回のゲストは前地方創生大臣の石破茂さん。このほど「日本列島創生論」を上梓なさったばかり。その話の前に、まずは韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任と北朝鮮情勢について。

 「日韓関係ではやはり慰安婦問題がコア。いろいろあるにしても、女性の人権の問題であることはたしか。日本の立場を世界に理解してもらうことがスタートだと思う。北朝鮮情勢は、韓国の大統領が誰になろうとも、やはり中国の行動が重要。北の崩壊は困ると、何とか北を生きながらえさせてきたのが中国。しかし、今の金正恩は何をやるかわからない。片方のトランプも同じ。暴発もあり得る。その場合、真っ先に狙われるのは韓国ではなくて、日本。それも在日米軍基地だけではなく、何十年と日本にいて日本人としかみえない北の工作員がどこを狙うのか心配。以前、防衛庁長官の時に、例えば皇居の防衛・防護はどうするんだという提起をしたのだが、目前のイラク対応の方が先です、とか言われて結局沙汰止み。今回の事態になってあわてて、敵基地反撃とかトマホーク巡航ミサイル整備といっても莫大なお金と時間がかかる。平時から常に危機にさらされているということを念頭におかないと、危機管理なんてできません!」

 安倍首相の「憲法改正は9条から」等の発言については? 「3月5日の自民党大会で党員に説明することなく、今の時期に言うなんて! 党員をなんと思ってらっしゃるのか? 憲法の議論が遅滞している、という焦燥感をお持ちだというのはわかりますが・・・。中身についても、我々、野党時代に谷垣総裁の下で一生懸命作った憲法改正草案、あれは9条の1項はそのまま残し、2項を変えて『日本国の独立と国際平和のために国防軍を保持する』というものなんです。党決定したこの草案をどうするの?」

 1項、2項はそのままで3項を付け加える、というのは何故ダメ? 「1項は『侵略戦争はダメだが自衛戦争は認めるということだ』というのが自民党の考え。2項については芦田修正をどう解釈するかの問題です(芦田修正=憲法制定時、時の芦田憲法改正特別委員長が、原案の頭に『前項の目的を達するため』というのを入れた)。『侵略戦争をしないために陸海空の戦力を破棄するが、それは、言い換えれば自衛のための陸海空の戦力保持はいい』、という解釈をすべき、と言う考え方があるんですが、実は日本政府はこの『この芦田修正はとらない』という立場をずっととってきている。だから、我々は自民党草案では、わざわざ2項の書きぶりを変えて、自衛隊をきちんと憲法で位置づけようとしたんです。今回、安倍さんが1項、2項はそのままで、自衛隊の存在のための3項を付け加えるとおっしゃるなら、『芦田修正をとる』とはっきり言えばいいんです。たとえば『前2項の主旨を受けて、国家の独立と国際平和に寄与・維持するため、陸海空自衛隊を保持する』と書けば理屈は通ります。『軍』と書かないのは私にとってかなりの妥協ですが・・・。ただ、やはり、改めて党内の議論が必要だと思います」

 肝心の「日本列島創生論」の話をする時間が短くなったが、ミサイルより何より100年後には半分になりそうな人口減少、右肩下がりの経済の中で、日本をどう革命的に変えていくかが、今、何よりも大切だと力説する。

 「その担い手は中央ではなく、人口に伸びしろがあり、経済に伸びしろのある地方が担わなければ。政治改革の時と同じように『地方創生』を本当に国民運動にしなければ。地方創生大臣を辞めてからも週末3〜4か所を回っていますが、1つでも2つでも成功例が広がって、点が面になっていくのを見るのは楽しいですよ。実例をこの本の中にたくさん紹介してありますから、是非読んでウチもやろうと行動してほしいと思います」

 時間があれば何をしたいか聞いた。「昔読んだ本をもう一度読み返したいなあ。武者小路実篤、有島武郎、漱石、鴎外。高校・大学時代は文学青年で、超感激して、読んだ後2〜3日、こもってウ〜ンと考えたこともありましたよ。この間は、三島由紀夫の『美徳のよろめき』とか『午後の曳航』を読み返して、やっぱり、おもしろかったなあ!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(TBSニュースバード)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:5月12日(金)23:00/5月13日(土)9:30/5月14日(日)0:30