今週の一筆
【画像】
【画像】

11月25日の放送

日米はこれからも長〜い関係。これからも議員外交を続けます!

河井克行 総理大臣補佐官

対談を終えて

 今回のゲストは総理大臣補佐官(外交担当)の河井克行さん。安倍首相とトランプ次期大統領の会談の事前調整のための訪米から帰ってきたばかり。

 まさかのトランプ当選? と聞いたら「いや、投票日の前も安倍首相の指示で、両陣営の方といろいろ話をしてきまして、なんとなくトランプさんかな? という感じがしていました。支持率も、何度かヒラリーさんに開けられてもトランプさんがまた接近する。アメリカの国民・有権者がトランプさんを求めているなって感じ。総理がトランプ当選でショックを受けたなんて報道がありましたけど、違いますね。投票日の午後3時頃、安倍首相と執務室で開票速報を見たんです。総理は悠然としてましてね、地図を見ながら楽しそうに見てらっしゃいました。トランプ勝利を予期していたように見えましたよ。それからメディアの世論調査の間違い、固定電話ではないネット調査のことなど『これは選挙も含めていろいろ参考になるなあ』とおっしゃっていました」

 河井さんは2か月ほど前から、どちらが勝ってもすぐにアメリカに行って次期政権の関係者と会っていろいろ調整してきてくれと言われていたそうだ。

 「いろんな人にいろんな話を聞いてきましたけれど、皆が異口同音に言うのは『トランプさんは企業のCEOだから、大きな方針を立てて、あとは部下にまかせる人。だから第一印象がとても大切』と。『個人的な関係がこれからの日米関係を左右する』とも。もちろんその報告はしました」

 安倍−トランプ会談の実現は素早かったですね? 「私はそのお膳立てには関わっていませんが、でもアメリカだけでなく世界中が注目した会談になりました。ある人が『初めてだし、他の首脳との会談は皆断っている。それだけ日米同盟を重視している』と言ってました。実は安倍さんもトランプさんを必要としていると同様に、トランプさんも安倍さんを強く必要としていると思いますよ。なんといっても安倍さんは世界では安定感があり、長いですから、話は出来るし、橋渡し役になりますから」

 これからの日米関係は? 「まず経済。トランプさんが選挙期間中に強調したのはアメリカ・ファースト! 大型減税・日本流に言えば国土強靱化そして雇用創出。でもこれはリニア・新幹線など日本が手助けできるモノが多いんです。それに副大統領になるペンスさんはインデイアナ州知事で、ここには日本企業が多数進出していますから、雇用の点でも実情はよくわかっている。TPPですか? 今は当選させてくれた有権者の方を向く時期です。でも自由貿易の大切さはビジネスマンですからよくわかっています。日本としては、衆参、きちっと法律を通して、日本の考えはこうだと見せることが大切なんです」

 「もうひとつは安保。私もよく知っている安全保障関係のグレイ氏とナバロ氏が共同執筆で『米海軍の増強という海軍再建計画で同盟国に安心を供与する』と今月の雑誌に書いていますし、別の関係者からは『トランプ政権はレーガン大統領の力強い軍備・外交政策を目指しているんですよ』と聞きました。とにかくまだ政権もスタートしてないんですから、日本は一喜一憂すべきではないと思います。日本の存在は我々の思っているより大きいんです。まずは政権の真意がどこにあるのかじっくりと観ること。これから長〜いつきあいが始まるんですから」

 「日米同盟コーカス」などを作って、こつこつ議員外交を続けてきて、今、水を得て大活躍の河井さん、総理大臣補佐官として世界を飛び回る毎日、6月には安倍総理の指示で、当選したばかりのフィリピンのドゥテルテ氏(現大統領)に安倍総理の親書を手渡してきたとのこと。

 趣味は? と聞いたら「忙しくて。趣味の無い人ねえ、とよく言われます。そうだなあ、広島お好み焼きの講習を受けてコテをもらったっけ。あとは宇宙かなあ。松本零士さんが好きで、それ以来、ロケット打ち上げを観に行ったり、宇宙戦略議連をつくったりしてますよ!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(TBSニュースバード)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:11月25日(金)23:00/11月26日(土)9:30/11月27日(日)0:30