今週の一筆
【画像】
【画像】

12月02日の放送

増税を言う前に自分の身を削る改革を行え!

民主党 石津政雄 衆議院議員、民主党 玉木雄一郎 衆議院議員

対談を終えて

 今日のゲストは民主党一年生のグル−プ「礎会」の石津政雄さんと玉木雄一郎さん。3.11以降、地元に入り孤児支援や物資調達等、様々な活動をし、それに基づいて党内に意見を言っても、無視され、頭数の一人としか見られない。一方では「せっかく政権交代をしたのに、鳩山・菅政権ともこの有様、お前ら何をやっているんだ」と地元から非難される。やはりまとまって議論をし、きちんと発言をしようと8月に一年生議員が集まって作ったのがこの「礎会」だそうだ。

 趣旨に賛同し集まった12人が今では17人に増え、メンバ−もそれぞれの場で活躍を始めている。今回お越しいただいた玉木さんもその一人で、党TPP問題のPT事務局や今回の「提言型政策仕分け」のまとめ役として財務省出身の能力を遺憾なく発揮。石津さんは「礎会」の会長でまとめ役。茨城県大洋村(現・鉾田市)の村長から国政に転身しただけに「口だけの民主党、人間を好きじゃない民主党であってはいけない。政治は結果を出してこそ」と言う。

 お二方ともTPPには慎重で、口をそろえて「自由貿易には賛成だが、それがすぐにTPP、ということには納得できない。もっと議論を尽くしてから入るか入らないか決めるべきで、その意味では今回の『参加に向けて協議に入る』というまとめ方は正しい」と言う。

 仕分けについても玉木さんは「まもなく一体改革の成案が出るというのに、今回、社会保障政策を短時間で仕分けすると聞いて引き受けるかどうか迷ったんですが、でも予算の4割を占める社会保障費の在り方を聖域にしないためにも、やはり一言、言っておいた方がいいと思ったんですよ。もんじゅの問題もエネルギ−政策の大転換に関わることはわかっていましたけど、どうするか決めるまでムダにお金を使っていていいものか、と思いましたしね」。党内で様々な議論をもっとしてほしい、と言う。

 政界はこの年末に向けて消費税増税問題一色になりそうだが、お二人は「政局に絡めていろいろみんな発言してますけど、増税を言う前に、歳費削減や定数削減、公務員数削減など身を削る改革をしてからですよ。そうでなければ国民は納得してくれない!『礎会』は来週、その提言をだします!」とキッパリ。期待したいものだ。

 暇があったらやりたいことは? とうかがったら、石津さんは「乗馬!」。お祖父様が近衛連隊出身で家中で乗馬を楽しまれるそうで、目下、木曽馬など4頭を持っていらっしゃる由。玉木さんは「カラオケに行きたいなあ!」。持ち歌は狩人の「あずさ二号」で、別れの歌が好きだったが、3.11以降はそれを封印、愛の歌を歌うようにしているとか。「だから最近の十八番は尾崎豊の『I LOVE YOU』!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:12月2日(金)23:00/12月3日(土)9:30/12月4日(日)0:30