今週の一筆
【画像】
【画像】

07月08日の放送

菅首相!辞任期日を早く明らかにしてください!

民主党 阪口直人 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは民主党の阪口直人さん。6月末の民主党両院議員総会で「菅首相!一日も早く辞任時期を明らかにしてください!」と発言、話題を呼んだが、真意を聞いたら、「菅首相は一定のメド(3法案が成立したら?)がついたら、若い世代に引き継ぐとおっしゃっているが、大切なのは『誰が』法案を成立させるかではなく、『いかに早く』成立させ、実施するかということ!。『政治家の言葉』に対する信頼を回復するためにも、辞任時期を明確にすべき!この間の玄海原発・ストレステスト騒動をみるとよけいそう思いますよ」

 平和構築活動に長年携わってから、今回、政界に転身した阪口さん。党国際局副局長としてアジアを担当しているが、この大震災で疲弊した日本経済を立て直すためにも、「パッケージ型インフラ輸出」を推進する。

 「原発輸出はこの状況の中で難しくなりましたけど、上下水道等、ソフトに加えて環境配慮や人材育成まで、日本は他国を上回る能力を持っていますよね。市場は東南アジアはじめ、ほんとうに広いんですよ」アウン・サン・スー・チーさんを通じてミャンマー支援にも力を入れる。「国民の経済力が上がれば、それは民主化の第一歩ですから」

 今後やりたいことは? と尋ねたら、まず地元和歌山を高野山を中心にしたスローライフ地域にしたいと言う。「弘法大師の教えは『平和・環境・人権』ですから」。もうひとつは外交の専門家らしく「草の根交流も大事だが、それと同時に首脳外交もやってほしい。顔の見える外交がとても大事なんですよ」

 今、したいことは? という問いには、「異文化圏でのんびり街歩きをしたいな!ミャンマーに行って、またアウン・サン・スー・チーさんにもお目にかかりたいし…」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:7月8日(金)23:00/7月9日(土)9:30/7月10日(日)0:30