今週の一筆
【画像】
【画像】

09月30日の放送

日銀ができるのはここまで、と明らかにした方がいい!

民進党 大塚耕平 参議院議員

対談を終えて

 日銀出身の大塚耕平さん、今国会では参院財金委理事、なおかつ民進党のNC財務・金融大臣なので、今回は9月21日に発表された日銀の金融政策を解説してもらった。

 今回、日銀はまずこの3年半を自己評価・総括的検証した。それによると、「量的・質的金融緩和は実質金利の低下を通じて経済・物価を好転、デフレではなくなった。しかし、▽原油安 ▽消費税増税 ▽新興国市場の不安定化によって、(物価上昇率)2%が達成できなかった。デフレマインドに引きずられた」としている。

 これに対して大塚さんは「3年半前の黒田さんの『異次元の金融緩和』によってお金が出回る→円の価値が下がり円安に→輸出企業の株が上がる、と、ここまでは良かったんですが、問題は2%という物価目標がいっこうに実現できなかったこと。さらなる緩和をしたけどダメで、結局マイナス金利を導入した。でも金利というのは上がっても下がっても、得をする人と損をする人が必ず出てくる。マイナス金利だと借りる人は得をするが、これで預貯金や年金・保険等運用益を当てにする人は損をする。さらなる将来不安でタンス預金が増え、使う気にもならなくなっているのでは。悪い方が強く出てきてしまった。『この政策で安心してください』というPRか、マイナス金利に対して銀行や保険会社から反発が強かったので『きちんとやっているから文句を言うな』と言う意味か判りませんが、日銀・財務省・金融庁の3者が決定の前に集まって『歌舞伎』をやってますしね!」

 でも、検証の後に続く新しい政策はよくわからない。どういうこと? 「イールドカーブコントロールですか。要は短期から長期までの金利をつなげた曲線。今回、マイナス金利で長期金利まで下がってしまった。銀行などは、短期を集めて、長期で運用する。その利ざやで儲けるのだが、両方とも下がったのでは稼げなくなる。地銀や中小は実際大変。そこで日銀が長期金利も当面0%に金利誘導しようというもの。ただ1990年頃からの金利の自由化の中、中央銀行が金利をコントロールするというのは、ソビエトか中国か、と思いましたよ。その上、1週間たっても長期金利はマイナスのまま。これをゼロにするには金利を上げなければならない。その為にこれまで買い続けてきた日銀保有の国債を売るんですか? 自己矛盾じゃないですか? そんなことできるんですか?」

 「オーバーシュート型のコミットメント」とは? 「2%目標ではなく、2%を超えるまで緩和を続けます、ということ。でもオーバーシュートというのは株式・金融用語では『行き過ぎ』ということなんですよ。『行き過ぎ型の約束をする』ということですよね!」

 「物価を上げることが目標ではないんです。企業の売り上げが増加して賃金が上がる、すると消費が増加し、需給関係で物価が上がる、その好循環を作る引き金を日銀が引けばいいんです。竹中平蔵さんが『政府に追及すべき事』について、『日銀が時間稼ぎをしている間に、なぜ政府は産業政策や経済政策をやってこなかったのか』と書いていらっしゃいましたが、まさにその通り。日銀は一生懸命、いろんなことを考えやってきているんですが、それがたくさんの国民に影響を与え、後世の人達の政策を縛っている。そろそろ日銀も政府にもっと言うべきことを言った方がいい。自分達のできるのはここまで、と明らかにしたほうがいい。国債の買い入れだって、欧米では2割くらいなのに、日本はすでに8割! 日銀自身、来年には100%を超えるだろうと言っている。8割というのは終戦直後の1945年当時より多いんですよ!これが回らなくなったらどうしますか? この現状認識をみんなに持ってもらいたい!」

 民進党としては何を提案? 「日銀はこのまま静かにしていただいていて、人を育てる・技術を育てる、の方に思い切って予算をつけるよう提案したい。安倍政権がやらないようなら、また政権交代して我々がやります!」

 ダイビング・インストラクターの大塚さん、息子・娘に続いて奥様にもライセンスカードをとうとう発行したという。「嫌がっていたのを喜界島まで連れて行きましてね、そこで発行しました。これで、3人でダイビングを楽しめます!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(TBSニュースバード)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:9月30日(金)23:00/10月1日(土)9:30/10月2日(日)0:30