今週の一筆
【画像】
【画像】

08月05日の放送

凍土遮水壁は成功! 汚染水はコントロールしています!

高木陽介 経済産業副大臣

対談を終えて

 今回のゲストは、経産副大臣兼内閣府副大臣の高木陽介さん。今回の内閣改造でも留任とあって、原子力災害現地対策本部長の仕事も3年目に入る。

 「もう160回、地元に入っています。私の仕事は3つ。▽福島第一原発の廃炉と除染 ▽被災者支援 ▽避難地区とその解除の決定です」

 3.11以降、風化の反面、風評被害は相変わらずのようだが? 「そうなんですね。報道も3.11前後やトラブルがあった時ばかりですし。もっと国が積極的に現状や見通しを発信していかなければ、と反省しています」

 「廃炉は40年で、としています。そんなにかかるの? と思う方も多いでしょうが、実は事故のなかった普通の原発でも40年かかります。英国を視察しましたが、そこは80年かけて廃炉にしています。だからこれだけの事故があって40年、というのはかなり画期的・野心的計画です。それから、米・スリーマイル島の場合は溶けた燃料をロボットを投入して確認するのに6年かかった。ところが1号機は昨年4月、4年目で溶けた燃料−デブリは上の方にはない、と確認しました。2号機も今年度中に確認しようと思っています。今年4月に『国際廃炉フォーラム』をいわき市で開きました。15か国600人、チェルノブイリ・スリーマイル、各国原子力研究所周辺汚染などの関係者や地域の方々です。その方々が口々に『あれだけの事故だったのに着々と作業が進んでいますね』とおっしゃってくださいました。私たちの力不足で国民の皆様方の苦しみが広がっていますので、国が前面に出て、官民一体で一歩一歩、次のステップに確認しながら心してやっていこうと思っています」

 「廃炉に向けてのリスクは3つ。▽燃料デブリ。今は圧力容器の中の格納庫に入っていて、水で冷やしてありますので放射能は出ていません。これを時間をかけて取り出します。▽上の方にあるプールに入った使用済み燃料。1号機はガレキの除去作業に入っています。2号機は建屋が壊れていませんので、屋根を切ってそこから取り出します。3号機はガレキを取り除きました。4号機は一昨年、燃料1500本を取り出してカラになっています。▽3番目のリスクは汚染水。阿武隈山脈から一日400トンの地下水が流れ出しているんですが、これが建屋の側を流れて放射能に汚染される。まず、井戸やサブドレインを作って汲み上げました。それでも海に流れる汚染水は海の側に鉄板を埋め遮水壁を作って塞ぎました。今、200トンまで減りましたが、完全に止めようと考えたのが凍土遮水壁です。コンクリートでも良かったんですが、それでは廃炉のための作業がスペース的にできない。で、凍土壁を作ったんです。全部凍らないから失敗だ! という報道がありましたが、それは間違いです。海側の凍土壁は今99%凍っています。後の1%は昔工事したとき砂利を埋めたのでそこを通る水流が激しくて凍らなかった。で、その部分だけコンクリートを流してせき止めたら流れが穏やかになって、先日視察しましたら0度まで下がっていて霜がつき始めていましたよ。山側も95%凍ってますが、残りの5%は建屋内の水位とのバランスを取りながらゆっくり凍らせている途中です。汚染水は完全にアンダー・コントロールされています! 海には流れ出ていません! 風評被害を起こさないためにもしっかり広報します!」

 「避難されていらっしゃる方々のためにも、一日も早く学校・仕事場等インフラ整備を急ぎます。今、経産省を中心に官民合同チームを作って全国に散らばって『御用聞き』をしています! 避難なさっている方9万人には9万通りの想いがあるんだ、と常に言ってます」

 最終処分の話などそのほかにもお話を伺ったが、与党で3分の2を超えた今、憲法改正については? と聞いた。「いや、たとえば公明党は9条については1項と2項は堅持。3項を加えるかどうかは検討中ですから、そこだけでも3分の2にはなりませんよね。国会議員7百数十名は皆勉強して、落ち着いて議論して、第1条から考えて行くことが大切ですよね」  

 最後に、時間があったら何をしたいか伺ったら「歩きたい! 一時ダイエットして5キロ減らしたけど、副大臣になったら、とたんに体重が元に戻ってしまったんですよ!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(TBSニュースバード)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:8月5日(金)23:00/8月6日(土)9:30/8月7日(日)0:30