JNN こどものチカラ

JNNニュース(月曜~金曜 ひる11:30~)で放送

私たちJNNでは「こども」にフォーカスした企画を用意しました。こどもたちは境遇はそれぞれでも、みんな輝いています。日本の将来を担うこどもたち、私たちは応援したいと思っています。

8月10日(金) TUT(チューリップテレビ)

“5刀流”で世界を目指す格闘技少女

“5刀流”で世界を目指す格闘技少女

 メジャーリーガー、大谷翔平選手の2刀流が注目を集める中、格闘技の『5刀流』で世界を目指す小学生が富山にいます。

 富山県高岡市の小学4年生、堀田みず希さん。この日行われた空手の全国大会で準優勝を果たしました。レスリングで全国チャンピオン。相撲でも全国で3位という実力を誇ります。みず希さんの凄さは、それだけではありません。ボクシングと柔道でも日本一を目指す5刀流のスーパー小学生なんです。

 「5種目全部好きです」(堀田みず希さん)

 クラスメイトも、その強さに一目おきます。
 「とても強い」(堀田みず希さんのクラスメイト)
 「強いなって、やっぱり」(堀田みず希さんのクラスメイト)
 「気が強くて、体が強い人」(堀田みず希さんのクラスメイト)

 2歳のときに、お母さんが師範を務める道場で空手を始めたみず希さん。好奇心旺盛な性格から他の競技にも挑戦、あっという間に頭角を現し、全国トップクラスに。

 「いろんなものに興味があるので、全部の種目が楽しいと言っている」(母・千宴子さん)

 とはいえ、5刀流の生活も楽ではありません。この日は午後6時半からレスリングの練習。およそ1時間半、タックル練習や実践形式でみっちりと汗をかき、普通ならこれで終わり・・・。ところが、みず希さんは足早に次の場所へ。休む間もなく相撲の稽古が始まりました。全国大会の日程が重なり、一日に2つの大会をハシゴすることもありました。

 「大変だけど、いろんなルールとか、いろんな技とか学べるので良いと思う」(堀田みず希さん)

 忙しくても、へこたれないのは負けず嫌いだから。空手の大会で負けたときには・・・(悔し涙)。

 これまで全国大会で表彰台に立っていないのはボクシングと柔道の2競技。ボクシングは、お母さんと一緒に練習に励み、柔道は上級生の男の子を相手に猛特訓中です。

 「5つの競技でオリンピックに出たい」(堀田みず希さん)

 大谷翔平選手を超える5刀流で世界を制する日を夢見て、みず希さんの挑戦は続きます。

⇒TOPへ