1分15秒

「桜を見る会」推薦者名簿加工、内閣府「極めて不適切」謝罪

 「桜を見る会」の推薦者名簿について、政府が部局名を隠す加工をして国会に提出していた問題で、内閣府は16日、「極めて不適切だった」などと謝罪しました。

 参議院予算委員会の理事懇談会で、内閣府は、去年11月に国会に提出した「桜を見る会」の推薦者名簿をめぐり、元々の名簿には記載されていた部局名を隠す加工を行っていたことを「極めて不適切だった」と認め、謝罪しました。加工される前の名簿には、「内閣官房内閣総務官室総理大臣官邸事務所」と書かれていました。

 内閣府側は、名簿を加工したのは人事課長ら幹部2人の判断だったなどと説明したということで、野党側は批判を強めています。

 「国会答弁で内閣官房の推薦者名簿は全部廃棄したと、衆議院でも参議院でも言った翌日に、院に提出していた資料ですから、そこに内閣官房の推薦者名簿が残っていたら、答弁がうそだった、虚偽だったということが明らかになるから消したとしか思えない」(立憲民主党 蓮舫 参院議員)

 野党側は、「この国の公文書の信頼性は根底から失墜した」として、公文書管理の問題について引き続き、政府を追及する方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

1月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月22日 0時02分

ニュース番組ダイジェスト

1月21日(火)の政治ニュース

1月20日(月)の政治ニュース

1月19日(日)の政治ニュース

1月18日(土)の政治ニュース

1月17日(金)の政治ニュース

1月16日(木)の政治ニュース

1月15日(水)の政治ニュース

1月14日(火)の政治ニュース

過去のニュース