1分59秒

法廷混乱 判決は延期に、大津 保育園児ら死傷事故

 去年5月、滋賀県大津市で保育園児ら16人が死傷した事故の裁判。16日は過失運転致死傷などの罪に問われている53歳の女に判決が言い渡されるはずでしたが、法廷は混乱し、判決が延期される異例の展開となりました。

Q.きょう判決ですけど今のお気持ちは?

 「・・・」(新立文子 被告)

 16日午後、大津地裁に向かう新立文子被告。新立被告は去年5月、滋賀県大津市の交差点で右折した際に直進車と衝突し、園児2人が死亡、14人に重軽傷を負わせる事故を起こした罪などに問われていました。

 これまでの裁判で起訴内容を認めていた新立被告。しかし、裁判が結審した後、テレビのインタビューで「直進車がブレーキを踏んでいたら違う結果になっていたのではないか」などと話し、JNNの取材にも同様の話をしました。これを受け、検察側は弁論を再開するよう申し立てました。そして、改めて行われた被告人質問で新立被告は、「納得がいかないところがあった。自分の気持ちを言いたかった」と述べました。

 これに対し、被害者の遺族らは・・・

 「好き勝手話す姿を見て怒りを通り越した。最大限の実刑判決を下してほしい」

 一方、新立被告は事故について直進車の過失を主張。出会い系サイトで知り合った男性にストーカーしたとされる別の罪についても争う姿勢に転じました。

 検察側は、16日の法廷で言い分を話すよう主張しましたが、「体調が悪く声が出なかったりとか頭が働かない」などと拒否しました。結局、大津地裁は「不本意だが審理を続行せざるを得ない」として、判決の言い渡しを延期しました。

Q.(主張を変えた)理由を聞かせてください

 「すみません。ほんと体調悪いんで」(新立文子 被告)

 次の期日などは決まっていません。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月22日 0時02分

ニュース番組ダイジェスト

1月21日(火)の社会ニュース

1月20日(月)の社会ニュース

1月19日(日)の社会ニュース

1月18日(土)の社会ニュース

1月17日(金)の社会ニュース

1月16日(木)の社会ニュース

1月15日(水)の社会ニュース

1月14日(火)の社会ニュース

過去のニュース