1分7秒

再生医療の細胞 無許可培養、大阪医大元講師を逮捕

 大阪医科大学の元講師らが、国に許可を受けずに再生医療に使う細胞の培養などを行っていたとして逮捕されました。

 再生医療安全性確保法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪医科大学の元講師・伊井正明容疑者ら2人です。警察などによりますと、伊井容疑者らは去年3月から5月、国の許可を受けていない施設で、男女2人から脂肪幹細胞を採取し培養するなどした疑いが持たれています。

 脂肪幹細胞は様々な細胞に変化できるとされ、大学によりますと、伊井容疑者はアンチエイジング目的で再生医療を行っていて、女性には投与もしたということです。

 また、男性は10万円を払って再生医療を受けたといいます。

 「私は心筋梗塞を起こしたことがあったから、うわーこれだと思って、『私にしてください』と言ったら、『はい』と言った」(再生医療を受けた男性)

 逮捕前、伊井容疑者は・・・

Q.無届けでやったのは本当?

 「まあ・・・そうですね」(伊井正明容疑者)

Q.動機は?

 「頼まれて」(伊井正明容疑者)

 取り調べに対し、伊井容疑者は容疑を認めているということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月22日 0時02分

ニュース番組ダイジェスト

1月21日(火)の社会ニュース

1月20日(月)の社会ニュース

1月19日(日)の社会ニュース

1月18日(土)の社会ニュース

1月17日(金)の社会ニュース

1月16日(木)の社会ニュース

1月15日(水)の社会ニュース

1月14日(火)の社会ニュース

過去のニュース